2021年 10月 26日 (火)

人の在宅勤務をのぞき見て、ひとりワークの孤独感がやわらぐ

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   テレワークのやり方を説明した「テレワークの教科書」的な本がいろいろ出ている。でも、少し食傷ぎみなところもある。テレワークが続いている会社もあるが、なし崩しに元に戻った会社も少なくないからだ。

   しかし、2020年11月27日に東京都で過去最多の570人の新型コロナウイルス感染者が発生するなど、第3波の到来が現実味を帯びてきた。再び、テレワークを導入する会社が増える可能性も大きい。

   本書「テレワークの達人がやっているゆかいな働き方」は、ビデオ会議、チャット、リモート飲み会などをネタに「インターネット界の奇才」が放つ100を超える裏ワザを紹介した本だ。真面目一辺倒な本ではない。

・会議中にかぎって宅配便がくる。
・散歩しながらビデオ会議に参加する。
・打ち合わせって短パンで行って良いんだっけ、と本気で悩む。

   そんな後世に伝えたい、テレワーク黎明期の珍プレー好プレー集、と言っていいかもしれない。

「テレワークの達人がやっているゆかいな働き方」(林雄司著)青春出版社
  • 「テレワーク疲れ」なんて言葉も……
    「テレワーク疲れ」なんて言葉も……
  • 「テレワーク疲れ」なんて言葉も……

「昭和な作り方」のネットメディア編集長

   著者の林雄司さんは、デイリーポータルZ(DPZ)編集長であり、シリーズ累計150万部のベストセラー「死ぬかと思った」の著者。富士通グループのシー・サーチに入社。インターネット黎明期の1996年に個人サイト「東京トイレマップ」などを立ち上げ、話題になった。その後、ニフティに転籍後、DPZを立ち上げた。月間最高2000万PVの人気メディアになった。2017年、東急グループのイッツ・コミュニケーションズに転籍。会社員でありながら多岐にわたる活動を続けている。

   DPZの編集部は6人、契約ライターは50人を超えるが、2020年3月以降、完全なテレワーク体制になった。ネットのメディアでありながら、対面で話したり飲みに行ったりする「昭和な作り方」だったので、テレワークには戸惑ったという。

   本書にはうまいやり方だけでなく、失敗が数多く載っている。それらを笑い飛ばしながら、テレワークで鬱屈した気分を柔らかく解きほぐす効果があるかもしれない。

   本書の構成を紹介した後で、テレワークを続けていた評者がうなずいたり、へえーと思った「あるあるネタ」を取り上げたい。

巻頭 つい人に話したくなるテレワークあるある事件簿BEST30
第1章 あ~よかったなテレワークになって
第2章 ここが大変だよテレワーク
第3章 ルームウェアと仕事着の境界線
第4章 ビデオ会議では何を隠し、何を映すべきか
第5章 ITリテラシーを高め、生産性を上げる達人の裏ワザ
第6章 リモート飲み会のピークを過ぎても
第7章 久しぶりの外出!世界はこんなにまぶしかった
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中