2021年 9月 22日 (水)

全力で仕事を断る!? あなたの隣の「モチベーション下げマン」はこんな人(西野一輝)

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   本連載記事でモチベーションが高い人が取り組んでいることを、紹介を続けてきました。今回は逆にモチベーションが低いようにみえる人がやっていることの特徴を紹介したいと思います。

   まさに本題に戻ってきた感じでしょうか――。

  • モチベーション下げマンは仕事を全力で断ろうとする
    モチベーション下げマンは仕事を全力で断ろうとする
  • モチベーション下げマンは仕事を全力で断ろうとする

時間管理ができない! 計画を立てない!!

   取材した不動産会社で管理部門に勤務しているDさんは、誰がみても仕事のモチベーションが低いタイプの存在。会議はネガティブな発言をたまにするが、それ以外では寝ているかのように存在感を消して参加。自ら前向きに仕事に取り組む姿勢をみた同僚が誰もいない。だから社内での評価も低く、その状況に甘んじている。

   上司も諦めぎみで、モチベーションを高めることをしようとしません。そんな?さんの仕事上の特徴として代表的なのが時間やスケジュール管理が得意でないこと。「この仕事お願いしたいのですが」と職場の同僚が相談をしてくると、「ちょっと厳しいですね」と全力で断ろうとします。

   それでも、上司から言われてやらざる得なくなったとしても「いつまでにやるのか?」明確な回答が返ってきません。

   そうなると上司が「ならば、来週中にお願いしたい」と要望をすることになりますが、仕事が終わることはない。結局1、2週間くらい遅れて仕上がってくることが大半。仕事をするときは、誰もが限られた時間の中で働いているので、「いつまでに何を終わらせるべきか」ということについては、「計画」を立てなければなりません。

   ところが、Dさんは計画を立てずに作業を行ってしまうので、なかなか仕事が終わらず、無駄に疲れて1日が終わるという悪循環を繰り返します。

   その結果、ストレスが溜まり、「もう仕事なんかやりたくない」という気持ちになり、仕事に対するモチベーションが低く、上司や同僚の期待にも応えられない状況になってしまいます。

西野一輝(にしの・かずき)
西野一輝(にしの・かずき)
経営・組織戦略コンサルタント
大学卒業後、大手出版社に入社。ビジネス関連の編集・企画に関わる。現在は独立して事務所を設立。経営者、専門家など2000人以上に取材を行ってきた経験を生かして、人材育成や組織開発の支援を行っている。
著書に、「モチベーション下げマンとの戦い方」(朝日新書)がある。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中