2021年 10月 23日 (土)

じわり浸透? ビール市場の新ジャンル「微アル」 先行するアサヒ、サッポロにキリン、サントリーはどう出る!

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   ビール市場の新しいジャンルとして、「微アル」(微アルコールビール)市場が立ち上がってきた。サッポロビールは2021年9月14日、「サッポロ The DRAFTY」を発売。先行するアサヒビールの「BEERY」を追撃する。

   ビール系飲料の売り上げの減少傾向が続くなか、ビール業界は新たな飲用機会の創出を探ってきた。微アル(低アルコール)市場は、欧州で売り上げを伸ばしており、アサヒビールやサッポロビールは、この市場を新たな飲用機会を創出するチャンスと捉え、育てていきたい考えだ。

  • 「ビール離れ」が叫ばれて久しいが……
    「ビール離れ」が叫ばれて久しいが……
  • 「ビール離れ」が叫ばれて久しいが……

「ビール」「ノンアル」、それとも「微アル」?

   国内のビール類市場規模は1994年をピークに、若者のアルコール離れや飲酒人口の高齢化、ハイボールやチューハイなどの酒類の多様化などが重なって、2005年から14年連続で市場が減少。今後も厳しい状況が予測されており、ビール業界にとって新たなジャンルの確立は急務といえる。

   その一方で、コロナ禍による「家飲み」需要や昨今の健康志向の高まりによって、注目されていたのが、アルコールの量が極端に少ない「微アル」(微アルコール)市場だ。

   これまでは「ビール」か「ノンアルコールビール」かの2択しかなかったが、その中間の選択肢を用意。アサヒビールとサッポロビールが新商品を投入している。

   じつはコロナ禍以前から、欧州などでは「低アルコール嗜好」が広がっている。健康志向の若者を中心に、スモールビール(アルコール度数2~3%)やノンアルコールのカクテルがヒットしはじめていた。低アルコールビール(アルコール度数が0.5%以下の飲料)市場の売上金額は、2013年の58億ドルが18年には80億ドルと、わずか5年で20億ドルも伸ばしている。これに目をつけた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中