2021年 5月 9日 (日)

小池一夫さん

印刷

死去の小池一夫さん、ツイッターで多くの「名言」 「自分が自分として生きることに、誰の許可もいらない」

   漫画原作者の小池一夫さんが2019年4月17日、肺炎のため死去した。82歳だった。19日、小池さんのツイッター上で報告された。葬儀は親族のみで済ませたという。

   「かねてより入院療養中であった小池一夫は肺炎により4月17日永眠いたしました。生前は多くの方々に小池一夫と小池一夫作品を愛していただき、心より感謝申し上げます。なお故人の遺志により葬儀は親族のみで執り行いました。皆様には大変お世話になり、ありがとうございました」としている。

ツイッターのフォロワーは90万人

   小池さんは『子連れ狼』(作画:小島剛夕)や『御用牙』(作画:神田たけ志)、『クライングフリーマン』(作画:池上遼一)などの原作者として知られる。特に『子連れ狼』は若山富三郎さんの主演で映画化、人気シリーズとなった。原作漫画、映画版ともに、海外でも評価が高い。

[続きを読む]

お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中