2021年 8月 3日 (火)

「10連けん玉」3週間で攻略せよ! 膝の使い方が「芸術」、汗と涙と挑戦の結末は

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!
【J子が行く】J-CASTトレンド記者「J子」とその同僚たちが、体を張って「やってみた、食べてみた、行ってみた」をリポートします。

   J子の元にある矢文が届いたことで、涙無くして語れない「挑戦」が始まった。

な、なんだこの矢文は!
な、なんだこの矢文は!

   差出人は玩具問屋・堀商店(名古屋市)の成瀬昭則さん。この時代に矢文...? 恐る恐る開くと、圧の強い筆跡でこう記されていた。

堀商店の成瀬さんから届いた挑戦状
堀商店の成瀬さんから届いた挑戦状

   「奇天烈な十連けん玉」とは、競技用けん玉の生産日本一を誇る山形工房が販売している、一風変わったけん玉だ。一気に、10個の皿に玉を乗せないといけない。J子、けん玉は一皿にしか乗せたことがありませんが(普通)。

   3週間で出来るのか、なんて考えているうちに、成瀬さんから「例のブツ」が届いてしまった。

  • 失敗すると玉が床に叩きつけられるので、挑戦は柔らかい素材の上で
    失敗すると玉が床に叩きつけられるので、挑戦は柔らかい素材の上で
  • 紐が皿に絡まり、玉の長さが変わってしまっている状態で挑戦すると、成功させようがないので注意
    紐が皿に絡まり、玉の長さが変わってしまっている状態で挑戦すると、成功させようがないので注意
  • 失敗すると玉が床に叩きつけられるので、挑戦は柔らかい素材の上で
  • 紐が皿に絡まり、玉の長さが変わってしまっている状態で挑戦すると、成功させようがないので注意

「楽勝だ」って、思ってた

   箱を開けると、カラフルな玉が10個お目見えした。横幅が約60センチもあって、思っていたよりもずっしりとしている。子どもにはちょっと重いかも。

こんなにカラフルなけん玉が、未だかつてあっただろうか
こんなにカラフルなけん玉が、未だかつてあっただろうか

   スタートは2021年5月21日。土日を除く平日夜にだけ毎日練習するとして、期限は6月18日。あれ、意外と猶予があるな。楽勝かも?

ビギナーズラックを期待して、一回目!
ビギナーズラックを期待して、一回目!

   玉がしっかり静止するまで待ち、膝を柔らかく使って、思いっきり持ち上げる。1個くらいは乗るでしょ、と思いきや、まさかの0個! いやいや、10個も玉があるのに1つも乗せられないなんてこと、あります?

   まあ、大丈夫! 何回か続けていれば、そのうちポンポン乗るようになるって。

2回目:1個
3回目:4個
4回目:0個

   ...まったく安定しないし、半分も乗らないのはなぜ。

   皿に乗ったとしても、角度が悪いのか弾かれて落ちてしまう。そういえば成瀬さんが、「考えた人を恨みたくなるような難しさ」って言っていたっけ! これは侮っていた。成功するイメージが全く湧かない。本当に10個、乗るんですか。依頼人を恨みたくなる難しさです。

   13回、立て続けに失敗したところでようやく思い至った。そもそも「やり方」...これで合ってる?

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!