美輪明宏さんの番組スタッフはみな「ピンク色」

印刷

   私のワードローブは、ほとんど黒かベージュが多い。

   いつの頃からそうなってしまったのか分からないけど、やはり社会人になってからかな。それまでは、いつも原色系、ラメラメ系な服が多くて、派手なオサムンで通っていた。

   黒い服はやっぱりどんな場所にでもいけるし、そもそも誰もがかっこよく見える色だ。いわゆる"無難な色"ってやつですね。そんな理由で、いつの間にやら派手系服は、クローゼットから消えていった。しかし、誰もが似合う黒い服でも、やっぱりかっこいい着こなしと、まぁそこそこな着こなしにきっぱり分かれる。

   黒い服をかっこよく着ている方をあげろと言われたら、私はすぐに、なかにし礼さんのお名前を挙げる。随分と渋い路線ですが・・・

   なかにし礼先生=黒服。テレビのワイドショーに出演されている先生をチェックしてみると、すぐにわかる。いつも仕立てのよさそうな黒か、濃いグレーのスーツをお召しになっている。色とりどりの色彩が溢れるテレビの画の中で、黒を着ているなかにし先生は緊張感が漂い、周りの空気もビシっとしまる。先生は私生活でも黒系の服しか着ないらしく、「クローゼットの中はダーッと黒系の服が整列しているんだよ」と、以前お話されていた。

   なかにし先生の黒服がかっこいい理由は、バシっとしていながらも、そこに年齢を重ねた大人の男の色気がプンプンと漂っているから! まるで、某番組のコント「セクスィー部長」みたいにね。さすがに腰砕けになることはなかったが・・・

   ある時、「先生、どうしていつも黒い服をお召しになっているんですか? 何か理由があるのでしょうか?」と、アホな質問をしたことがある。

   すると、なかにし先生・・・

   「そりゃ、黒い服を着るようになった理由はありますよ。でも、すらっとここ(スタジオ内)で出来るような話じゃぁないね。もっと時間があるなら、してあげてもいいよ。」

   と、瞳の奥でニヤっと笑いながら、意味深なお答えが返ってきた。さすが、セクスィ部長ならぬ、セクスィ作家! そう返すか!! 言葉の魔術師ですなぁ。と妙に感心してしまった。残念ながら、なかにし先生の意味深なお答え、まだ聞けていないけど。

   ちなみに・・・

   かの美輪明宏さんの場合、黒はご法度らしい。

   なんでも、邪気、悪の色なんだそうで、番組収録時にスタッフが黒を着たらアウト!!美輪さんのご機嫌を損なわないためにも、他の色の洋服をチョイスしているそうだ。

   で、ご機嫌麗しくしていただくために、ある色の服を着るらしい。その色とは、ピンク。美輪さんのお好きな色がピンクで、幸せを呼び、気分を明るくしてくれるからだとか。美輪さんの番組時にはスタッフがみな、ピンクの服を着るのが恒例なんだそうだ。プロデューサーから作家、ADにいたるまで、ピンク、ピンク、ピンク!!!

   「ん~、ここは林家ペー師匠の楽屋か!」とは、さすがに誰も突っ込まないらしい。

踊るオサムン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中