2021年 4月 21日 (水)

「世界一プレッシャーに弱い男」新大関・琴光喜の挑戦

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています
J-CASTニュース テレビウォッチ
(c)NHK

   「スポーツの頂点」を目指すアスリートの心理状況を深く追究する「ドキュメントスポーツ大陸」。今回は、今年7月の名古屋場所で大関昇進を果たした琴光喜にスポットをあてる。

   31歳3か月での大関昇進は、年6場所制になった1958年以降の最年長記録。最初の大関昇進をかけた挑戦から実に5年がたっていた。現役最多の技能賞7回を受賞した実力を持つ力士だが、自身は「世界一プレッシャーに弱い男」と語る。稽古場では横綱級の相撲を見せるものの、本番で力が出し切れないのだ。

   先の名古屋場所前、先代親方の鎌谷紀雄(元横綱・琴桜)に「この機会を逃したら引退したほうがいい」と突き放された。「これで最後」と腹をくくった取組は、これまでにない気迫に溢れていた。

   大関昇進の伝達式では「いかなる時も"力戦奮闘"」と誓った。技に頼るのではなく、力を前面に出す相撲を決意し、綱取りを宣言した。新大関として迎える9月場所までの日々を、琴光喜はどのように過ごし、自らを進化させていったのか?

   最年長で新大関となった琴光喜のさらなる挑戦を見つめる。

ドキュメントスポーツ大陸

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中