2020年 12月 2日 (水)

157キロの挑戦 「甲子園最速右腕」佐藤由規の素顔

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは
J-CASTニュース テレビウォッチ
(c)NHK

   今夏、甲子園で最速の157キロをマークした仙台育英高校の投手・佐藤由規。10月3日に行われたプロ野球ドラフト会議では、大阪桐蔭の中田翔選手とともに最大級の注目を集めた。5球団から1位指名を受けたが、東京ヤクルトスワローズが交渉権を獲得。その後の会見で、家族への感謝に涙した場面は印象的だった。

   そんな佐藤由規投手だが、意外にも高校に入るまでは控えの投手だったこともあるという。しかし、仙台育英高校野球部に入部すると2年生でエースとなり、チームを3度甲子園出場へと導いた。

   なぜ彼は全国でも屈指の右腕へと成長できたのか? 番組では、佐藤投手の普段の練習方法や家庭での素顔に迫り、運命のドラフト会議当日まで密着取材した。

   ※放送は東北地区限定

クローズアップ東北

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中