2020年 8月 9日 (日)

「現代アート」最前線! 仕掛け人「驚異」の展示法

ビルベリー由来アントシアニンがピント調節機能をサポート!
J-CASTニュース テレビウォッチ
(c)NHK

   脳科学者・茂木健一郎が司会を務める番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」。今回は、注目を集めつつある「現代アート」の、仕掛け人・長谷川祐子の仕事に迫る。

   長谷川は東京都現代美術館のトップキュレーターだ。キュレーターとは、展覧会の企画、作家や作品の選択、展示の配置といった仕事をこなす。いわば展覧会のプロデューサーである。

   この秋、13か国のアーティストを招いての企画展の開催を仕掛けた。「どれだけアートに興味のない人たちを取り込めるか。それが成果の分かれ目」と意気込む。

   番組ではその舞台裏に密着した。宙に浮く重さ1トン、高さ14メートルの巨大で個性的なアートは、どうやって展示されるのか? 知られざるキュレーターの現場に迫る。

   *プロフェッショナル 仕事の流儀

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中