ドラえもんを「パンク」する米国男が好きな街

印刷

   ある番組の収録で、スコット・マーフィーさんにお会いした。

   え、誰だって?

   ほら、メディア露出もレコード会社的にバンバンとっていた、J-POPを日本語のパンクカバーで歌う、アメリカ人のお兄ちゃん。と言えば、顔が浮かぶ方もいらっしゃるでしょうか?

   一番わかりやすいのは、「ドラえもんのうた」とか「乾杯」とか……

   ただ、どれもこれもパンクアレンジなので、どの曲も同じに聞こえてしまうのが、もったいない! と個人的には思ってしまうのだが。

   なんでも、来日した際に、日本の音楽に傾倒し、帰国してからも、YouTubeで見て、アーティストのカバーを始めたんだそうだ。

   すごいなぁ、アーティストもYouTubeからネタ拾いをする時代なのね。

   そこで「島唄」やスピッツの「チェリー」なんかを手始めにカバーしていったんだとか。

   収録前夜に原宿でライブがあったのだが、そこではなんと鼠先輩の「GIROPPON」までカバーしていた。あのフレーズ、♪ぽっぽ~、ぽぽぽぽぽぽぽぽ~っぽ~♪の部分だけだったけどね。同じレーベル・メイツだから可能という、レコード会社の売り方、上手いなぁ。恐れ入ります。

   さて、日本の音楽に傾倒したスコットさんは、ついには独学で日本語を勉強。気になる日本語力は、文句なしの大合格! なんたって、日本のトーク番組に出演できるぐらいですから……

   どう見てもコテコテの白人(この表現、ちょっと微妙)なのに、ギャクまで日本語で飛ばせるほどだ。

   そして、彼の日本への想いも相当興味深い。好きな街は、下北沢。

   若者の街、下北沢は彼が大好きな居酒屋も多く、夜中に歩いていても銃で撃たれる心配もない。もう、日本に住むなら絶対にシモキタ!と断言していた。

   私たちにとっては当たり前のことでも、海外の人からみれば、なかなかオモロイことに見えるらしい。

   いつもいつも東京の片隅で引きこもりのような仕事をしていると、自分の身の回りのことにばかり目が行きがちで、視野もせまくなる。

   ジブリ映画「崖の上のポニョ」の宮崎駿監督のセリフ、"大事なことは半径3メートル以内にある"のように、本当は大切なことや面白いことは沢山身の回りにはあるのに、それに気付かずに過ごしているだけなのかもしれない。

   スコットさんのシモキタ大好き話を聞いて、身の回りのことを違った視点から見ることの大切さを感じた。

踊るオサムン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中