「学園紛争の戦略」とは何か 坂本政務官発言と派遣村

印刷

   <テレビウォッチ>「政治家は(国民の痛みを)本当に分かっていらっしゃるのか?」、アナウンサーの小木が珍しく怒りをあらわにした。坂本哲志総務政務官が1月5日、仕事始めの挨拶で述べた内容のことである。

本当なのかどうか

   『雇用&給付金で大波乱!?』と題し、厚生労働副大臣の大村秀章(自民)と長妻昭(民主)の両衆院議員が生出演して「ガチンコ国会の行方」を特集した。

   その冒頭で、小木が「ちょっと耳を疑ったのですが……」と言って、坂本が述べた挨拶の一部が書かれたフリップを。

   そこには東京・日比谷公園の「年越し派遣村」について「本当にまじめに働こうとしている人達が集まっているのかという気もした」と。

   小木は、大村が2日から派遣村で宿泊施設の確保など対応に追われたのを踏まえて、「大村さんね、国民に痛みがじわじわ来ている中で、(政治家は)ほんとに分かっていらっしゃるんですか?」と怒りをぶつける。

   これに大村は「現場ではボランティアの皆さんが一生懸命働いていた。延べ1700人も来て頂いた。こういう形の発言されたのは残念です」。坂本の辞任要求説まで浮上しているだけに慎重な答え。

   おさまらないジャーナリストの鳥越俊太郎。「坂本さんは、続けて『学園紛争の戦略が垣間見えた』ともおっしゃっている。現場の雰囲気を知っていらっしゃるのですから、本当なのかどうか、ちょっとおっしゃって下さいよ」と。

   大村は「確かに日比谷公園でアピールしようという趣旨はあったかと思います。しかし、それ以上にあそこに来ていた方々は住むところまで無くなり万策尽き、真剣に働きたいんだと……。運営委員会のスタッフが『今から便所掃除をやります』というと皆がハーイといって来てくれた。うれしいなと思いましたね」と、坂本が述べた「怠惰論」を否定した。

   坂本総務政務官は6日午前、先の発言を撤回、謝罪した。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中