事件?事故? 圧縮古紙から元従業員の遺体

印刷

   <テレビウォッチ> 「事件なのか事故なのか、わかりません」と小倉智昭。愛知県清須市できのう(3月1日)、回収した古紙を再生紙の原料に加工している工場で、圧縮されたダンボールの中から男性の遺体がみつかった。

わかりません

   岸本哲也が現地から伝えた。住宅街の中にある工場ではきのう、作業員1人が朝8時すぎからパワーショベルで回収古紙をベルトコンベアに乗せる作業をしていた。古紙はコンベアから圧縮機に落ちる仕組み。

   14時ころ、圧縮された塊に血がにじんでいるのを作業員が発見した。圧縮された古紙パックは一辺が1.2メートルの立法体で、はじめ頭と腕の一部が確認され、のち全身がみつかった。

   いつもは2、3人で作業するが、日曜日なので1人。発見までに約20個の古紙パックを作ったが、この間人が立ち入るのを見ていないという。

   奇妙なことに、遺体でみつかったのは、2月28日までここで働いていた男性(69)だった。5年ほど前からアルバイトしていたという。男性は、1キロほど離れた自宅を昼ごろ出て、遺体で見つかったのが14時。2時間の間になにがあったのか。

   小倉が「辞めた会社へなぜいったんだろ? だれかに(殺された)というのなら、ここへくる必要はない」

   福田和也も「辞めた会社へ行った?」

   ピーコは「自分で辞めたのか、会社の都合か」

   佐々木恭子は、「圧縮作業では大きな音で、叫んでも聞こえないのか」などというが、現地中継の岸本は、「監視カメラもあるそうですが」と頼りない。

   東京の映像で、同じ作業の様子を見せたりしたが、それより岸本がやるべきは、死んだ男性の周辺調査だろう。監視カメラの画像はあるのか? 家ではなんといってるのか? 会社を辞めた事情は? これらがなければ、コメントもしようがない。

   発見がきのうの14時なら、夜までにはおおよその解析はできているはず――このあたりなんとも歯がゆいレポートだ。特に日曜明け、早朝番組の泣き所でもある。もっともこの事件では、この日朝刊でもまだ身元がわかっていなかったが……。

   小倉は「わかりません」と結んだ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中