大山のぶ代「脳梗塞」から復帰 「2か月間の記憶がとんだ」

印刷

   <テレビウォッチ>ドラエモンの声を長く担当していた、大山のぶ代(72)が、きのう(4月30日)の「徹子の部屋」で脳梗塞からの復帰を語った。自身「どこもなんともない」というように後遺症もないのだが、闘病中の2か月間の記憶がないのだそうだ。

兆候ってのは

   異変は昨2008年2月、声がいつもと違う、それになにかだるくなってきた、というので、帰宅途中の車をそのまま病院へまわして検査をしてもらった。診断が「脳梗塞」でそのまま入院した。

   脳梗塞の症状は、詰まる場所によって「ろれつがまわらない」「手足のしびれ」「顔のしびれ」などいろいろだが、大山の場合は、夫の砂川啓介(72)によると、「細い血管が詰まっただけだったので、手術もせずにすんだ」

   ただ、病院に入っていた2か月間の記憶はとんだままだという。「字も読める。数字もわかるんだけど、記憶がさだかでなく」、50年来のつき合いという黒柳徹子からの手紙にも、返事ができなかった。

   夫は、「リハビリで、足し算をやりなさい、といっても掛け算になっちゃったり、退院したあとでも水風呂に入っちゃったり」という。性格の変化が大きく、締まり屋になったと笑う。ともあれ、あの声がまた帰ってくるわけだ。

   山口一臣が「足し算ができないというのは、想像もできない」

   赤江珠緒が「一茂さんはお父様(長嶋茂雄)の脳梗塞を経験されてますが?」と水を向けた。

   長嶋一茂は、「テレビに出られるというのはすばらしいことで、壮絶なリハビリをされたんだなと思います」

   大谷昭宏が、「いま話してたが、一茂さんこの病気にめちゃくちゃくわしい」(笑い)

   「兆候ってのはあるんですか?」と赤江。

   「あると聞いてます」と一茂。「いろいろ症状が出てくるんですが、自覚して病院にいくのはむずかしいらしい。だから、まわりが気づいて早く処置すればいいと」

   このあたり、実感がこもる。あのおやじで、あの状況(日本代表監督だった)では、何かいっても云うことをきかなかったろう。

   木場弘子が、「あのご夫婦はいつも寄り添っているので、きっと早く気がついたんでしょう。リハビリでも二人三脚」

   長嶋が「声と顔が一致する声優さんて少ないんですよね。すぐわかりますから」(笑い)「これからもがんばって」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中