2018年 7月 18日 (水)

大島康徳 小瀬選手の死に「一体何があったんだよ。悲しすぎるぞ…」 

印刷

   プロ野球・日本ハムの元監督である野球解説者・大島康徳が2010年2月6日のブログで、5日にキャンプ中の宮古島で転落死したオリックス・小瀬浩之選手を悼んでいる。

   大島にとってオリックスの「いちおし」だった小瀬選手。キャンプ取材で会うのを楽しみにした。というのも、故障が癒えプロ入り2年目、09年の夏ごろから頭角を現し、規定打席以下ながらも打率は3割を超えていた。「走攻守そろった『センスのかたまり』のような選手」で、「成長したら、スゴい選手になる」。大島も大きな期待をしていた。

   「今年は小瀬にとって大躍進の年になるぞ」。そう信じていた矢先の訃報に、やりきれない思いをブログにぶつける。

「一体何があったんだよ、小瀬!まだ24歳じゃないか!悲しすぎるぞ…」

テレビウォッチ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中