永源遙が選んだ「ラッシャー木村のマイクパフォーマンス」ベスト5

印刷

   「デトックス・スポーツ」コーナーで、24日に亡くなった元プロレスラー・ラッシャー木村(享年68)を追悼。名物だったマイクパフォーマンスの数々から「ベスト5」を並べた。

リングを下りると優しい紳士

   ラッシャーがマイクで一番よくとりあげたのが永源遥(64歳)。「木村さんとは半世紀。相撲からプロレスに入ったのも木村さんの紹介。デビュー戦も木村さんだし、いつも一緒だった」という。ベスト5はその永源が選んだ。とにかく並べよう。

泣けてきましたよ

第5位 早く嫁もらえ

   独身の淵正信に「淵、ちょっと顔出しなさい。最終戦を迎えると、ああ今年も終わりかと思いますね。それと同時に、ああ今年も(結婚)ダメか。いっぺん、おれに『おめでとう』といわせてくれよ、このやろう。ここまできたら、もう顔なんかどうでもいい」

第4位 女性はこう口説け

   「淵、お前カラオケ好きか。『べサメムーチョ』って歌知ってるだろ。女性を口説くときに歌う歌なんだよ。必ず歌いなさい。いいと思うものはなんでもやりなさい」

第3位 アニキ大好きだぜ

   ジャイアント馬場に「アニキ、カムバックおめでとう。この日をどんなに待ったか。幸せだなぁ。オレはアニキと一緒にいるときが一番幸せなんだ。オレは死ぬまでアニキを離さないぞ」と馬場にかじりついた。

第2位 永源とランバダ

   「永源、お前はずいぶん腰の回転がよかった。普段ランバダを踊ってるだけのことはあるな。大熊(元司)も聞いてくれ。今年1年ご苦労さん。来年までごきげんよう」

第1位 花見でナンパ

   「永源、春だというのにまだちょっと肌寒いね。そのうち桜が満開になったら、大熊と永源と3人でガールハントに行こうね。淵、お前はつれていかないよ」

   永源は「リングに上がったら激しいところもありますけど、リングを下りたら本当に紳士でやさしくていい人でしたね」という。

   03年に体調不良でリングを離れ、04年の引退の表明は病床からのビデオレターだった。

「こんばんは。皆様にお会いできるということで、顔をきれいにしようと髭をそってみました。カムバックを願ってリハビリをやってきましたが、思うようにいかず、ここに引退を決意しました。次にお目にかかる日まで、ごきげんよう。さようなら」

ニコリともしない。

   テリー伊藤は、「こんな愛されたレスラーはもう出ないんじゃないか。馬場さんのときなんか、見ていて泣けてきましたよ」

   加藤浩次「ずっと悪役できたから、パフォーマンスが面白かった。ただ面白いことを言ってるおじさんじゃなくて」

   藤田大介は、「永久保存版です」といった。「私たちは忘れない」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中