北川景子 映画撮影の合間にこんな本読んでます

印刷

   女優の北川景子が9月20日(2010年)のブログで、映画撮影の合間に読んでいるという本を紹介した。

   最近読み終えたのは、村山由佳のライトノベルシリーズ『おいしいコーヒーのいれ方』の最新刊。ふだんは恋愛小説よりもミステリーやサスペンスものが好きだが、これだけは別。学生時代からのファンなので読み続けている。

「毎年一巻ずつ発売されるのが楽しみで、絶対終わってほしくない!と思ってしまいます」

   そして今読み進めているのは、恩田陸の小説『球形の季節』。彼女の小説も大好きで、そのほとんどを読んでいると思っていたのに、まだ読んでいなかったのがこれ。今夢中で読んでいるところなのだという。

「次は共演者の方にお借りした、西加奈子さんの『きいろいゾウ』を読むと決めています」

   読みたい本がいっぱいあるという。まだまだ読んだことがない、素敵な本があると思うと、「読んでも読んでも全然追いつかない」。生きているうちに1冊でも多くを読んでみたいと意気込んでいた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中