2018年 7月 24日 (火)

大島康徳 セ・リーグCS 1stステージ「阪神勝つ」

印刷

   野球解説者で元日本ハムファイターズ監督の大島康徳が10月14日(2010年)のブログで、セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)の勝敗の行方を予想している。

   16日からはじまるファーストステージの顔合わせは、阪神タイガース対読売ジャイアンツ。大島は両チームをよく似たチームという。どちらも豪華な打線があり、投手陣とりわけリリーフ陣に不安があることだ。阪神は久保田智之、藤川球児両投手で完璧に逃げ切れる状態になく、巨人は抑えのクルーン投手が打ち込まれる場面がシーズン終盤に見られた。

   どちらが勝つか――。大島は、超短期決戦でかつ非常に似たチーム状態なので難しいとした上で、「巨人が勝つなら2連勝。阪神が勝つなら、まず初戦を取っての2勝1敗。と予想しました」。で、ファイナル進出は「う~ん…非常にむずかしい予想ですが…『地の利』を生かして阪神!としましょう」と見た。

   パ・リーグCSのファーストステージは、ロッテが連勝し2試合で決着がついたが、阪神、巨人戦は3試合目までもつれてほしい、と期待している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中