「和田勉」老人福祉施設で死去「僕たちは夫婦ではなく、WHO、WHOです」

印刷

   「NHKはお役所みたいなところだったが、彼はブルドーザーみたいな人だった」とコメンテーターのデーブ・スペクターは回想する。ドラマ「天城越え」などを手掛け、バラエティー番組でも「ガハハおじさん」として親しまれた元NHKの看板ディレクター和田勉氏が、1月14日(2011年)に食道上皮がんのため、川崎市内の老人福祉施設で亡くなった。80歳。やはり先日亡くなったフジテレビの元ディレクター・横澤彪と共に、昭和のテレビ界を引っ張ってきた1人だった。

延命治療を拒否

   1987年にNHKを退局。その後は陽気なキャラクターを演じ、横澤彪に抜てきされて「笑っていいとも!」のレギュラーメンバーになったり、CMに登場するなどタレントとしても活躍した。3年前に食道がんと判明したが延命治療を拒否していた。

凄腕の人だった

   「とくダネ!」は和田の人柄と功績をふり返った。芸能レポーターの武藤まき子は生前に和田にインタビューした時、妻の衣装デザイナーのワダエミさんとの関係を問うと、「僕たちは夫婦ではなく、WHO、WHOです」と答えたエピソードを紹介。豪快磊落な性格と思わせながら、その裏側には繊細な面を持ち合わせていたと偲んだ。

   コメンテーターの前田忠明(芸能デスク)は「NHKの『ザ・商社』という番組では、夏目雅子を口説き落として上半身を裸にさせるなど、それまでのNHKプロディーサーにはないタイプの凄腕の人だった」と回想する。

   メインキャスターの小倉智昭「僕は中日のファンで和田選手が好きで、同じ和田だから勉ちゃんと呼んでいたけど、和田氏はそのことを知っていたかな」

   なんだかトンチンカン。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中