2018年 7月 16日 (月)

仲本工事と「年下恋人」三代純歌「パーティーでデュエット披露」

印刷

   「年の差熱愛」が報じられているザ・ドリフターズの仲本工事と、お相手で演歌歌手の三代純歌(みだいじゅんか)が2011年9月15日、都内のホテルで開催されたパーティーに揃って出席した。

   2人はこの日、ボクシング・長瀬慎弥選手の日本チャンピオン獲得祝賀会のゲストとして会場に姿を見せた。ステージでは「テネシー・ワルツ」、持ち歌である「この街で」といった曲をデュエットで歌ったほか、仲本が今回の報道に触れ「お騒がせしちゃって」と挨拶する一幕もあったという。

   三代はブログで、仲本と写ったステージ写真などを公開したが、

「せっかくきていただいても取材はちょっと 今のところ控えさせていただきたいです …すいません」

として、「熱愛」についてはコメントを避けた。

   三代は2003年に演歌歌手としてデビュー。2006年から仲本のプロデュースを受けており、2008年にはデュエット曲もリリース。年齢は30代で、仲本との年の差は30歳以上となる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中