琴奨菊は酒が苦手。奈良漬10本で記憶が飛んだ!

印刷

   相撲界に久しぶりに明るいニュースだ。4年ぶりに日本人大関の誕生。琴奨菊27歳。細い眼をした「気は優しく力持ち」を絵に描いたような力士だ。取材キャスターの米田やすみが千葉県松戸市の佐渡ケ獄部屋を訪れインタビューした。

毎日飲むのは「青汁」

   米田はあるプレゼントを用意した。「気にいっていただけるかどうか」と差し出したのは、小さな箱に入ったアロマオイル。大きな指で箱を開けながら「うれしい!これ、すごく癒しになるんですよ」。アロマオイルの香りでリラックスするのが何よりの趣味なのだ。「ちょっと、におっていいですか」とさっそく瓶のふたを開ける。土俵の闘志あふれる姿からは想像できないような表情だ。

家族の愛

   もうひとつ大好きなのがご飯。近くの焼き肉店の夜食の出前はいつもビビンバステーキ丼を3、4個。しゃぶしゃぶの食べ放題で、25人で600人前平らげたこともあるそうだ。1人当たりにすると24人前だ。

   その一方で、苦手なのがお酒。大関昇進の祝いの乾杯でもわずかに唇をぬらしただけ。奈良漬10本で記憶をなくしたこともある。代わりに毎日飲んでいるのが青汁という健康優等生だ。

「嫁取りもがぶり寄りでいきます」

   米田が「体調管理してくれる人がそばにいるといいですね」と結婚に水を向ける。琴奨菊は「そうですね」といっそう目を細める。

   米田「恋愛のスタイルは」

   琴奨菊、ここは心得ていたようにサービス精神を発揮して、「嫁取りもがぶり寄りで」

   米田「理想の女性は」

   琴奨菊「温かいご飯をつくってくれて…」

   次の目標はもちろん横綱だ。大関昇進の伝達式の口上では「万里一空」という言葉で心境を語ったが、米田とのインタビューの最後に色紙に書いたのは「感謝の心」。

「これからも初心を忘れず、感謝の気持ちを持って臨みたい。もっともっと自分を見つめ直して、足りない部分を勉強して強くなっていきたいです」

   司会のみのもんたは「いやあ、実になんというか、家族の愛に育まれて、いまや大関」と、その人柄に感心した様子だ。コメンテーターの北川正恭(早稲田大学大学院教授)も「家庭の雰囲気が琴奨菊関に全部出たような、いい感じですね」

   どうか、このまままっすぐ伸びて、品格のある横綱に育ってもらいたいものだ。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中