出生前検査で東尾理子「よくわからないまま受けてしまった。必要なかったと思ってます」

印刷

   妊婦の血液で胎児のダウン症などの染色体異常を判定する出生前診断の臨床研究が始まっている。有働由美子キャスターが「この新しい検査を受けるべきか止めるべきか、皆さんと一緒に考えて行きたいと思います」と問題提起した。

「結果がどう出ても、絶対に産むわけですし……」

   プロゴルファーの東尾理子(36)は来月(2012年11月)に出産予定で、6月に母体血清マーカー検査(クアトロテスト)を医師の勧めで受けた。「検査の中身をよくわかっていなくて、先生に言われるままに受けたら、一つだけ陽性反応が出ました。82分の1の確率でダウン症の子供を産む可能性があるって。冷静に聞きました。高齢出産ですから」と話す。

   医師「羊水検査をすれば100%の確率でわかりますが?」と聞いてきた。夫のタレント石田純一(58)は羊水検査を勧めたが、理子夫人は「絶対にそれは必要ありません」とはっきりと断った。

   石田「俺、ビックリして、その後も2、3回聞きましたけど、検査は全然考えていない、と」

   理子夫人は言う。「羊水検査の結果がどう出ても、絶対に産むわけですし、産まない(中絶の)選択肢はありませんでした。アメリカで10年過ごして、知的障害やダウン症の人も大学に通っていましたし、私は障害者を特別視していません。今から考えるとクアトロテストは必要なかったのではと思います」

血液で判定する新検査に問い合わせ殺到

   ゲストの室井佑月(作家)が言ったる「検査を受けるか受けないかは人とさまざまだし、何が正しいかの事じゃないよ。問題は親の決意と、成人まで子供を育てる責任を夫婦が自分たちで判断することでしょ?」

   内藤剛志(俳優)「どういう検査なのか、検査の結果の判断を迫られることなど、知らないまま検査を受けたらイカンのですね」

   松井裕子記者が補足した。「今までこのテストを受ける人は3%でしたが、20CCの採血だけで高確率でわかる検査は、今後は大幅に増える見込みです。検査を始める2つの病院には、すでに2000件以上の問い合わせがきているとの事です」

(磯G)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中