2019年 11月 20日 (水)

スタジオ・ジブリ高畑勳作品と宮崎駿作品を同時公開!主役はかぐや姫と堀越二郎・堀辰雄

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

零戦生みの親ジレンマ「美しいものを作ろうとしたら兵器になっちゃった」

   「月間モデルグラフィックス」を発行するアートボックスの市村弘代表は、「宮崎さんが、これ映画にすることになったといっていた」という。「紅の豚」もこの雑誌の連載漫画が原作なのだそうだ。宮崎監督は別のところでも、「戦争の道具を造った人間の映画を作るんですけど、スタッフ にも女房にも『なんでそんな映画を』といわれて…。でも、ボクは彼が『美しいものを作りたかった』ということをポソッと漏らしたということを聞いてね、『これだ』と思ったんです」と話している。

   零戦の生みの親が主人公なのだが、ではポスターの女性はだれなのか。それが堀辰雄だ。「風立ちぬ」は結核で死を迎える婚約者との日々を綴ったものだ。鈴木は「堀越二郎の生涯に堀辰雄のモチーフをぶち込む」という。連載漫画は「美しいものを作ろうとしたら兵器になっちゃった。そのジレンマです」と市村さんは言う。

   司会の加藤浩次「半年も前でしょう、来年夏だから。同時公開というのはどちらも負けねぇぞと」

   取材した中山美香レポーターはもうひとつの言葉、「いざ生きめやも」を「難しいが生きねばならぬ」と解釈して「強い意志を表す」という。

   キャスターのテリー伊藤「堀越二郎さんという実在の人物を使うのは初めてでしょう」

   中山「10歳から40歳くらいまでの30年を描くのも初めてだとのことです」

   ちょっと楽しみ。でも、相変わらずジブリは宣伝がうまい。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中