2019年 9月 19日 (木)

神戸・美玲ちゃん不明―目撃証言多いのになぜか写っていない防犯カメラ

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   神戸・長田区の小学1年生の生田美玲ちゃん(6)が不明になっている事件で、きのう17日(2014年9月)に新たな目撃証言があったが、足どりをつかむまでの手がかりにはなっていない。この地域は空き家・空き部屋が多く、警察は250人態勢で空き家のローラー作戦を実施している。

59台の地域カメラ映像のうち1か所だけ

   美玲ちゃんの足どりはまことに奇妙だ。11日午後3時ごろに帰宅して、ぬいぐるみ付きのリュックを背負って日傘をさして外出した。3時15分に400メートルほど離れたコンビニの防犯カメラに1人で歩く姿が写っていた。しかし、地域にある58台の防犯カメラを調べても、写っていたのはここだけだった。以後は全部目撃証言ばかりだ。

   コンビニ近くの友だちのマンションに3時30分、自宅近くの幼稚園に4時30分、交番前の階段で5時ころ。そして交番から450メートル離れた大丸山公園で5時30分ころ。きのうになって、公園から坂道を120メートル下った高校のグラウンド脇にいるのを同級生が目撃していたことがわかった。自宅からは反対方向、通っている小学校の校区外だった。学校は校区の外へは出ないように指導していたという。なぜそんなところへいったのかはナゾだ。

   リポーターの井口成人がその時間帯の現場を歩くと、下校する高校生でいっぱいだった。美玲ちゃんがその後どっちへいったのかはわからない。校区内を南へ北へと移動して目撃されていながら、この間の姿がなぜ防犯カメラに写っていないのか。まるでカメラを避けているかのようで、どういう経路で移動したのかがまったくわからない。

文   ヤンヤン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中