ショーン・コネリー「賛成!逃がすには惜しすぎるチャンスだ」―スコットランド独立問う住民投票

印刷

   独立賛成派も反対派も大イベントに興奮気味だった。「こんなにワクワクする投票は初めてよ」「みんな、きょうは一日中緊張していると思うなあ」

   独立の是非を問うスコットランドの住民投票が行われ、普段は外国の政治には無関心なワイドショーも取り上げた。まあ、ウイスキーやネス湖のネッシー、名曲「蛍の光」、有名俳優やサッカー選手など、日本にもなじみは深いということか。

スペインやイタリア、ベルギーに飛び火しそうな独立機運

   イギリスはスコットランド、北アイルランド、ウエールズ、イングランドの連合国家だ。スコットランドは1707年に合併したが、2011年に独立派が議会の過半数を占めてから世論は真っ二つになった。北海油田の収益をめぐって独立の機運が高まり、両陣営は「独立すれば豊かになる」「通貨ポンドが使えなくなったら混乱する」と対立し、あげくは「この石頭」「時代おくれ」とやりあう。

16歳から投票権

   スコットランド出身の俳優ショーン・コネリーは「逃がすには惜しすぎるチャンスだ」と独立賛成派、エリザベス女王も「人々が将来を慎重に考えることを望んでいます」と語っていた。

   ショーン川上(経営コンサルタント)「油田だけではまかなえないことは反対陣営もわかっていました。一方で、分離独立の世界的流れもある」

   スペインのバスク、カタルーニャ地方やイタリアのボルツァーノ、ベルギーのフランドルなどの独立運動にも影響は必至だ。

   ニュースデスクの笠井信輔「おもしろいのはスコットランドでは16歳から投票権を持つこと。やってみようかとなったら、興味深いですね」

   菊川怜キャスター「日本もこれぐらい投票率が高いといいなと思います」

   そういう問題かね。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中