白鵬 未踏の33回優勝を妻に感謝!「横綱ですが1人の女性愛する男でもある」

印刷

   横綱白鵬はきのう25日(2015年1月)の千秋楽に横綱鶴竜を退け、15年全勝で33回目の優勝を達成した。44年ぶりに大鵬の記録を塗り替えた。その優勝インタビューで口にしたのは妻への言葉だった。「まあ、バカかといわれるかも知れませんが、強い男の裏には賢い女性がいると、そんな意味で横綱昇進のとき、口上で使った『精神一到』を教えてくれた賢い奥さんに感謝したいです」

   聞いていた矢島里佳の口元がほころぶ。「嫁が、嫁が」といいながら、どことなく恐妻風の司会の加藤浩次も満足げだ。

流産直後の昨年5月場所は優勝会見辞退

   森圭介アナが裏話を伝えた。昨年の5月場所で優勝したとき、優勝会見を辞退した。

風格が違うね

   キャスターのテリー伊藤「あのときちょっと話題になったんだが、実は理由があったんですよね」

   森「奥様が流産して、そのことに触れられたくないということで会見を辞退したんです」

   きのうも白鵬は「横綱でもありますが、1人の女性を愛している夫でもあります」といった。

   森「それだけ家族の絆を大事にしている」

   テリー「今場所は13日目で優勝決まったじゃないですか。14、15日目の取り組みがすごかったね。優勝するだけじゃなくて、横綱はどういう風に生きればいいかを身をもって示した。無駄なこと一切しゃべりませんよね。風格がすごい。すばらしい」

   横綱になってから内面的にも成長しているのがよく見えた。しかし、あれでまだ29歳なのだから恐れ入る。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中