洲本5人刺殺!殺害犯「引きこもりの妄想性障害」責任能力はある

印刷

   兵庫県・淡路島の洲本市で9日朝(2015年3月)、2世帯の住民5人が近所に住む男に相次いで刺殺される凄惨な事件があった。近隣住民はこの男について「20~30年間ほとんど見たことがない」と言い、犯行の動機も不明だ。

   事件のあったのは50~60軒の家がかたまっている山あいの集落で、平野浩之さん(62)・方子さん(59)夫婦と母親の静子さん(84)、平野毅さん(82)・恒子さん(79)夫婦の5人が刺殺された。現場近くに、同じ集落に住む平野達彦容疑者(40)が血の付いた服を着て立っていた。

犯行直前に被害者家族の名前・地図ネット書き込み

   平野は父親と祖母の3人家族暮らしで、自宅敷地内の離れに一人で住んでいた。小中学校時代から引きこもり状態で、近所の住民は「20~30年の間に見たのは1回だけ」「ほとんど姿を見たことがない」という。

動機は?

   姿は見せないが、ツイッターに刺殺した浩之さんを中傷する意味不明の書き込みを繰り返していた。事件を起こす22時間前にも、浩之さんの家族の名前や住所を示す地図を投稿し、「電磁波犯罪を徹底し行っている」など書いていた13年10月まで精神科の通院歴があり、妄想性障害と診断されていた。妄想性障害は「統合失調症とは異なり、人格の統一性は保たれて生活上の判断は可能で、責任能力もあると考えられている」と精神科医は説明する。

   司会の小倉智昭「家族もどこかおかしいとは知っていたと思うんですけどねえ。どう考えたらいいのでしょうかね」

   作家の山本一郎「ややこしいタイプで特殊なケースのようですよね。どういう妄想を近隣住民にかけたのかが、今後の解明になりますね」

   兵庫県警は責任能力の有無を中心に、動機などの捜査を進める。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中