桐生祥秀9秒87!日本人初の「10秒突破」残念・・・追い風3メートルで参考記録

印刷

   「やっと来たかという感じがしますねえ」と司会の加藤浩次がいう。アメリカのテキサス州で行われた記録会「テキサス・リレー」の陸上男子100メートルで、桐生祥秀選手(19)=東洋大が28日(2015年3月)に9秒87をマークした。

   追い風2メートルを超す3メートルだったため公認されず参考記録となったが、日本人選手が9秒台で100メートルを走ったのは初めてだ。追い風が2メートルだったら9秒96に相当するという試算もある。

4月半ばの「織田記念陸上」で再チャレンジ

   桐生は4月の18、19日に行われる織田記念陸上に出場する。桐生は2013年のこの大会で歴代2位の10秒01を記録している。

期待してしまう

   加藤「周囲がいつ出るんだ、いつ出るんだとプレッシャーをかけ過ぎたきらいがありますが・・・。でも、やっぱり期待したいですよね」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中