「年末ジャンボ宝くじ」東京・西銀座2時間待ち!10億円当たったら何に使う?

印刷

   今年の年末ジャンボ宝くじは1等前後賞合わせて10億円になるということで、発売日のきのう25日(2015年11月)は東京・西銀座チャンスセンターは2時間待ちの列になった。

   司会の加藤浩次「すごいねえ」

   購入者に10億円が当たった場合の使い道を聞くと、別荘を買いたい、世界一周したい、クルーザーを買いたいなどの答えだった。

   宇野常寛(評論家)「(もし10億円当たったら)テレビ局の株買い占めて、番組内容をコントロールしたいですね」

   坂口孝則(経済評論家)「10億円じゃ、無理」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中