宮崎謙介議員イケメンからゲスメン転落!育休で講釈垂れといて、夜はグラビア美女を自宅連れ込み

印刷

   『週刊文春』の快進撃が止まらない。スキャンダルは週刊誌の華。スキャンダルを忘れた週刊誌など裏のお山に捨てたほうがいい。今週は「イクメン」として有名になった自民党の宮崎謙介衆院議員(35)の「ゲス不倫」である。彼の妻は同党の金子恵美衆院議員(37)。昨年(2015年)12月23日に宮崎氏は妻が出産間近なので、出産したら約1か月の「育児休暇」を取ると宣言した。

   これに対して国会内外で賛否両論沸き上がった。その反響の大きさに宮崎氏は「ここまで批判があるなら、絶対に折れるわけにはいかない。女性だけに産め、働け、育てろなんて不可能だ。男性の育児参加がなければ、女性活躍と少子化対策の一方は諦めなくてはならなくなる。議員の育児参加が無理なら、政策決定の場に育児や両立の当事者がいなくなってしまう」と、さらにぶち上げたのである。そして2月5日(2016年)の朝方、妻は都内の病院で無事男児を出産したのだ。宮崎夫妻にとってめでたしめでたしとなるはずだったのに、そうはいかなかった。

<この男にそのような高邁な理想を振りかざす資格などない。敢えて言おう。宮崎氏は国会議員である以前に、人としてあまりに『ゲス』であると>(週刊文春)

   何がゲスなのか? 文春によれば、宮崎氏は平日を妻と一緒に東京・赤坂の議員宿舎で過ごし、週末は選挙区のある京都の自宅に一人戻ることが多いそうだ。この部屋の存在は地元でもあまり知られていないという。それをいいことに、宮崎氏はここで不倫相手と会っていたのだ。関係を続けている不倫相手は宮沢磨由氏(34)。あまり知られていないが、芸能活動を続ける現役タレントで、身長168センチ、バスト90センチのプロポーションを売りに、グラビアや舞台などで活躍している女性だという。

<「実家は代々の資産家。着物の着付けもプロ並みという、女子力の高い美女です」(宮沢氏の知人)>

   巻頭のモノクログラビアでは宮崎氏と宮沢氏が別々にマンションから出てくるところがバッチリ写っている。宮崎氏の経歴は、幼少時代をフィリピンで過ごし、早大商学部を卒業後、IT関連会社などを経て人材紹介のベンチャーを起業して、06年に加藤紘一・元幹事長の三女・鮎子氏と結婚した。加藤姓を名乗っていたが、わずか3年で離婚している。鮎子氏との離婚も女性問題が原因の一つだといわれているそうだ。

   宮崎氏と宮沢氏のなれ初めは、昨年冬頃、ある会合で宮崎氏に声を掛けられた宮沢氏が一目で彼のことを気に入り、すぐに深い関係になったという。彼女は彼が結婚していることも妻が出産を控えていることも知りながら、「絶対に別れたくない」といって周囲を心配させているそうである。

   イクメンからゲスメンに成り下がった宮崎氏はどう答えるのか。週刊文春は宮崎氏の携帯に電話をかけた。すると、「いやいやいや・・・もう勘弁してくださいよ。どういう時期か分かってるでしょ!」

   深いため息をついて一方的に電話を切ったという。別の日に、妻の見舞いを終えて病院から出てきた宮崎氏を改めて直撃。「宮沢さんという女性のことは?」と聞くと、「知らないよ。知らない、知らない」。知らぬ存ぜぬで切り抜けられるはずはないのだが、宮崎氏とすれば、これから起こるであろう諸々のバッシングに頭の中が真っ白になっていたに違いない。

   男の子買春議員、パンツ盗人議員、あっせん利得疑惑議員の次は、ゲスメン議員か。これだけ自民党議員にスキャンダルが頻発しているのに、安倍内閣の支持率が下がらないというのは「異常」というしかない。

   宮沢氏の母親がインタビューにこう答えている。「娘から何となくは聞いています。でも、その議員さんは子供が生まれたばかり。結婚も二度目でしょう。娘は独身ですが、分別ある年齢です。まさかそこまで馬鹿じゃないと思う。私は娘を信じています」

   宮崎議員は中川郁子議員と一緒に「不倫議員同盟」でもつくり、「不倫は文化だ」といってみたらどうだろうか。

アベノミクス最後のあがき「マイナス金利」で自爆!万策尽きた黒田・日銀

   安倍首相にとって頭の痛いスキャンダルがまた増えた。さぞかしトイレの回数が増えることだろうが、もっと深刻なのは、あれだけドラスティックなマイナス金利政策を日銀にやらせたのに、円高・株下落が止まらないことだろう。

   このところ意地になっているのではないかと心配になる『週刊ポスト』は、今週も「日経平均2万5000円も見えてきた」と特筆大書している。インバウンドが大きく伸びる! 格安原油と金の反転上昇! と大声で煽っているが、時事通信(2月8日付)は「物価変動の影響を除いた実質賃金指数は0.9%減と、4年連続の減少となった。基本給は増加しているが、消費者物価の上昇に追い付いていないためだ」と報じている。

   『週刊現代』がいうように、マイナス金利になったのだから、住宅ローンは即借り換え、今年はずっと円安、ブラジル型投信は叩き売れ、マイナス金利時代は銀行員を信じるなというほうが正しいように思える。安倍首相は参議院選で大勝して憲法改正に手を付けたいのだから、株価対策を含めたその場限りの経済対策を行ってくることは間違いない。

   だが、それも国民の目を眩ます瞬間風速でしかないはずである。それに騙されない目と耳を持つことが、われわれには必要である。いたずらに株価を煽るのはやめたほうがいい。

清原裁判どうなる?今月下旬に起訴。「懲役1年6か月」「執行猶予3年」

   各紙とも清原逮捕事件を報じているが、やはり週刊文春、週刊新潮の中身が濃い。2月2日、警視庁組織犯罪対策5課が清原の自宅に踏み込んだときの模様を週刊新潮はこう報じている。<キヨは、ダイニングの椅子でくつろぐように座っていました。目の前のテーブルに、0・047グラムの覚醒剤が入った小袋が置かれ、彼の左手には、開封したばかりの注射器と先端が斜めに切られたストローがあった。つまり、覚醒剤を注射するところだったんです」(社会部デスク)>

   週刊新潮によれば、覚せい剤の入手先は群馬県みどり市に住む40代半ばの売人だという。捜査関係者はかなり前から清原に目を付け、清原のタニマチといわれ、昨年2月に覚せい剤使用の咎で逮捕され、拘留中の田辺大作(45・仮名)なる人物に、「どうしても清原をやりたい。協力してくれ」といっていたという。

   捜査関係者は週刊新潮に「清原が口座からカネを引き出すタイミングを定期的に見ていた」と語っている。つまり、数十万円レベルで口座から引き出せば、クスリを買いに行くのではないかとマークするのだという。それ以外にも清原が出すゴミを漁り、クスリを使用している頻度などを調べていた。

   頭を刈り上げ、サングラスに刺青という暴力団も真っ青な清原の姿は世を忍ぶ仮の姿で、本当の清原は気の小さい繊細な神経の持ち主だという見方がある。それを誤魔化すためにクスリを使ったというのだ。かつて清原自身が相談相手だった人間にこう話している。今度は週刊文春から引用してみよう。

   <初対面の人と一緒に食事をしたりすることが嫌いで仕方ない。見知らぬ人がいる場所は緊張してドキドキする。小学生の頃は、野球の練習に行くのが嫌で、母親の陰に隠れてばかりいた。

   現役時代もバッターボックスに出て行くのが嫌だった。五万人いる球場の打席でバットを構えるのは、どうしようもなく緊張する。空振りしてしまうとお客さんのハァーッていうため息が全部自分に吹きかかるようで、緊張と不安で発狂しそうになる」

   気になる刑期だが、週刊新潮で元東京地検特捜部検事の郷原信郎氏が、「2月の下旬までに起訴が行われ、そのひと月程後から始まる公判は、2週間程度でケリがつく。所持量から鑑みて、判決は懲役1年6カ月、執行猶予3年というところでしょう。起訴後まもなく保釈される可能性もあります」と話している。

   また、元近畿厚生局麻薬取締部長の西山孟夫氏が薬物中毒についてこう話している。「(報道が事実だとしたら=筆者注)量の面で言うと、清原はASKAのような大量服用ではありませんから、フラッシュバックについてはさほど心配はいりません」

   同じように覚せい剤で逮捕、起訴され、実刑を受けた江夏豊のように、時間はかかったが球界復帰した人間もいる。江夏には彼の更生を助けた女性がいたが、清原にはいるのだろうか。銀座のクラブの若い愛人がいるようだが、逮捕された男を面倒見るほど清原に入れ込んでいるのだろうか。どん底まで堕ちた元スーパースターの茨の道はまだまだ続くはずだ。

効果知れてる北朝鮮制裁のもどかしさ!日米中韓で早急な対策話し合え

   北朝鮮が2月7日に長距離弾道ミサイルを実験発射した。当然ながら日米韓は痛烈に非難し、さらなる制裁措置を講じるといっている。だが、今回のミサイル発射にはどれほどの意味があるのか、どれほどの脅威なのかがよくわからない。

   週刊新潮は今回の実験について、「侮るなかれ。防衛省内に衝撃が走るほど、確かな進化が見られた」と報じている。防衛省のさる幹部が、今回は東ではなく南に打ったことに重要な意味があるといっているからである。<「2009年当時、北朝鮮がミサイルを飛ばしたのは東の方角でした。東、すなわち日本海方面ということになるので、一般の日本人にとっては今回よりも恐怖を感じやすい面があった」>

   東に打つと地球の自転の後押しが加わるため、飛距離を延ばしやすいから技術的には難しくないという。だが、今回は南だ。向かい風の中を走るようなものだから、急速に技術力が上がり自信がついたのではないかというのである。<ミサイルから切り離された運用可能な人工衛星を軌道に乗せることにも成功したと分析されていて、やはり進化が読み取れるのである>(週刊新潮)

   軍事ジャーナリストの潮匡人氏もこういう。<「この人工衛星がしっかりと稼働すれば、北朝鮮は世界で10番目の人工衛星自力打ち上げ国となり、韓国も為し得ていない『快挙』です。つまり、今度のミサイル発射は単なる脅しではなく、『実利』を得た可能性が考えられ、それほど北のミサイルは進化していると言えます」>

   さらにミサイルへ搭載する核弾頭の小型化も着々と進められているというのだ。そうなるとミサイルに複数の核弾頭を搭載できるので、日本の迎撃システムであるイージス艦に搭載されたSM3や、陸上に配備されるPAC3は、1対1の迎撃ミサイルなので意味をなさなくなるというのである。

   日本や韓国を無視し、中国のいうことさえ聞かず、アメリカにケンカを売る北朝鮮の真意は、ここで怯めば国がなくなってしまうという恐怖心があると見る識者もいる。そんな国に制裁だと拳を振り上げて叫んだところで、効果はしれている。中国を巻き込まなければダメだ。日米中韓で腹を割った話し合いを大至急する必要があるのはいうまでもない。安倍首相にその覚悟があるのかが問われているはずだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中