新垣隆の新曲世界配信に応援メッセージ。たけし「ずるいよ」、黒柳徹子「世界の人に聞いてもらいたい」

印刷

   佐村河内守のゴーストライター騒動の作曲家、新垣隆が10月4日(2016年)、新作交響曲「連祷 -Litany」の世界配信が決定したと公式サイトで発表した。5日には5人の著名人からメッセージが寄せられたとツイッターとフェイスブックで報告している。

   メッセージを送ったのは黒柳徹子、ビートたけし、シンガーソングライターの槙原敬之、サウンドクリエーターのDJ KRUSH、和太鼓奏者の林英哲だ。黒柳は「私は、悲しみを、のりこえようという祈りを聞いた。世界の人に聞いてもらいたい!」と言い、たけしは「新垣さんはずるいよ。一見、まるでキートンのようなクラウン(道化師)を演じながら、心の中ではずーっとファイテングポーズを取り続けている。一連のゴーストライター騒動からの最初の作品がヒロシマやフクシマをテーマにするなんて、まったく。なんて度胸だ!」と感心している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中