2018年 8月 14日 (火)

「PTAやめたの私だ」ネット投稿拡散 入る義務ないこと知らなかった!

印刷

   「PTAやめたの私だ」という一言が今、ネットで話題になっている。「どういうことなんでしょうか」と司会の小倉智昭が少しけげんな表情で伝え始めた。学校の親と教師でつくるPTAって入らなくてもよかったのかという驚きが広がっているらしい。

   PTAは1946年にスタートして約70年がたつ。女性の社会進出が普通になった今では「PTAのために仕事を休まないといけない」「フルタイムで働いていても関係ないと言われた」「どうして女性ばかりなの? お父さんにもっと出てほしい」などの批判が高まっている。そこへ、ある母親が脱会したことを書き込んでネット投稿したところ、たちまち拡散した。

任意団体で、加入脱会も自由なPTA

   反響はどれも「やめていいの?」「知らなかった」という気づきだ。実は、PTAはもともと任意団体で、加入も脱会も自由だった。それがいつの間にか加入義務があるように思われていた。働く母でもある梅津弥英子アナも「知りませんでした」と驚きを隠せない。

tv_20170201123309.jpg

   ニュースデスクの笠井信輔「学校で任意の団体だと伝えられていない。今回このことが広がれば、皆が入らなくなるのでは」

   梅津アナ「仕事している人が参加しにくいのが問題ではないかしら。皆さんがどういう反応を示すかうかがいたい」

   小倉「みんな、やめたくなっちゃうのじゃないの? 子どもの教育にそれほど役立っているのかな」

   PTAには、学校をよく知ることができる、情報を共有できるなどのメリットもある。

   話し合いで入学式の時間を変えてもらったケースもあったという。一方には、PTAとは「バカとトンマの集まりの略だ」という批判もあるけれど?

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中