<欅って、書けない?>(テレビ東京系)
マイペースの渡辺梨加&長沢菜々香の特集で放送事故寸前!

印刷

   欅坂46の結成当初からの冠バラエティー番組。MCをハライチ澤部と土田晃之、実制作を「乃木坂工事中」「『ぷっ』すま」「内村さまぁ~ず」等のk-maxが担当。

   今回の企画は芸能界デビューから1年半経っても、本番中余り喋らない、喋っても声が小さいという問題児、メンバー最年長の渡辺梨加(21)と、彼女が唯一心を開ける長沢菜々香(―ななこ、20)が主役。

   前半の2人を街で泳がせたロケVTR「長沢くんと梨加、2人の休日」もなかなかの衝撃があったのだが、後半のスタジオでの2人への質問(アンケート)コーナーでは更なる衝撃が待ち受けていた。

   「今までで一番頭にきたこと」で長沢くんの回答は「成人式の着物を自分で決めたのに、お母さんが勝手に変えて注文していた時。ビリビリに破いた。」とラストに衝撃の一文が。ただ確かに怒るのも無理ないし、本人曰く、ビリビリに破いたのは、その着物ではないらしい。なんだ。破いたのは、その話を電話で聞いた時に目の前にあった、部屋のベッドの布団だという。え...? メンバーからも思わず悲鳴が。スタジオの阿鼻叫喚を聞いて「フフフ。」と笑う長沢くん、怖すぎる。

   続いて「一番怒られたこと」で、梨加は中学の頃、返事の「はい」が言えなくて呼び出されたという小学生低学年みたいなエピソードを披露すると、長沢も授業参観で指されたのに返事をしなかったら、見に来ていたお母さんが見兼ねて「はい」と返事したという、まさかの似たエピソードを披露。土田は「そりゃあ、お前ら2人は波長が合うわなぁ」と心の叫び。

「棺桶に、ポップコーンの種を入れて焼いて欲しい」

   更に「死ぬ間際に食べたい物は?」という質問で、長沢は「春巻き」、更に「死んだら棺桶に、ポップコーンの種を入れて焼いて欲しい」と意味不明の回答。聞くと、「いい匂いがしてポンポン音がしたら楽しくないですか?」と落ち着いたトーンで語る長沢。悲しくならないで欲しいという思いのようだが、何という発想の持ち主だ。澤部も「納骨の時、ポップコーンも...(箸で拾う?)」と乗っかる。ちなみに梨加の回答は「チョコとパン」。

   最後に「前世は何だと思う?」という質問に、梨加は「人間ではない何か」という妖怪人間チックな回答。MCの澤部が「今改めて、人間じゃないとするなら何だと思う?」と聞くと、梨加は小声で「何だろう?」と長沢に聞くと、長沢もヒソヒソと「さっき鳥って言ってたよね?」と聞き返し、梨加が「そう、鳥って言ってたよ...」とつぶやき、結局黙るという、TVのお約束無視の謎のやりとりに土田は「もうあの娘たちが怖いよ...」と吐露。

   是非、他の番組でも、渡辺梨加と長沢菜々香の面白さが取り上げられると嬉しいが、ちょっと気軽には扱えないだろう。今回も彼女らをよく知っていて、腕のあるMCとスタッフだから、ハネた部分もあるかと。たまにこういう他のお笑い番組にも引けを取らない回がこの番組ではあるので、みなさんもアイドル番組だからとタカをくくらず、ちょっとチェックして欲しい番組だ。 (テレビ東京 5月7日(月)深夜0:35放送)

鯖世 傘晴

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中