2018年 12月 13日 (木)

当たり障りのない「黒い噂」ばかり もっと新鮮なネタを!
〈訂正させてください〉(フジテレビ)

印刷

   何を"訂正"するのかと言えば、過去のスキャンダルや間違った噂について。この日は「演歌界の黒い噂を徹底検証」と題し、山本譲二、瀬川瑛子、伍代夏子の3人が自身の噂を検証するものだった。
   たとえば山本譲二の場合、「みちのくひとり旅」はもともと師匠・北島三郎のために作られたものだったが、新曲を受け取りに行った山本が音楽プロデューサーに「自分にくれ」と頼み込んで貰ったという噂や、両耳の聴力を失いかけているのでは? という噂について。瀬川瑛子は「長崎の夜はむらさき」を歌った際、東京生まれなのに長崎出身と偽ったという噂や勝負下着持参の噂、伍代夏子の演歌一筋イメージ戦略は真っ赤なウソなどなど。「演歌の黒い噂」などというから何事かと思いきや、当たり障りのないものばかりだった。
   山本によれば、実際は師匠の歌を奪ったわけではなく、小林旭が歌うはずだったとか、右耳の聴力を失って8年、2013年頃左耳も聴こえづらくなって、普段は補聴器を使用しているとのことだった。瀬川の出身地偽装については、ほかの番組でも何度も聞いた話で、またかという感じだった。山本の昔の芸名が伊達春樹でダーティ・ハリーからとったものだというものや、伍代夏子の芸名は五木ひろしと八代亜紀から貰ったものというのは面白かったが......。
   最近、この手の暴露番組は多く、いかに新鮮なネタを掘り起こせるかが勝負になってくる。そのあたりはしっかり吟味しないと。
   (放送2017年6月30日19時~)

(白蘭)

採点:0
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中