2018年 11月 14日 (水)

サグラダ・ファミリア(スペイン)近くで「暴走テロ」13人死亡!IS犯行声明

印刷

   またしても「車暴走テロ」だ。きのう18日(2017年)、スペイン・バルセロナの繁華な通りを車がジグザグ運転しながら走り抜け、歩行者13人が死亡、100人以上が重軽傷を負った。現場は観光客に人気のカタルーニャ広場近くのランブラス通りで、ガウディのサグラダ・ファミリア聖堂も近い。

   運転していた男は逃走したが、バルセロナの警察は2人を逮捕、近郊の町で4人を射殺したと発表した。それが実行犯なのかどうかは不明だ。イスラム国(IS)系の通信社は、「戦闘員による犯行」だと認め、IS掃討作戦の有志連合参加国を狙った攻撃だとした。

東京五輪が狙われる

tv_20170818145910.jpg

司会の加藤浩次「イスラム国は縮小しているとはいえ、ヨーロッパでテロを起こしていいます。どう考えたらいいんでしょうかね」

菊地幸夫(弁護士)「車で突っ走るというのは、爆薬による自爆テロより簡単にできます。この手口はますます増えるんじゃないですか。防ぐのも難しい。ISは拠点をアジアに移しているという話もありますから、3年後の東京五輪が心配になります」

加藤「どう止めるのか、考えないといけない」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中