2018年 11月 16日 (金)

小屋に16年間監禁され33歳女性が凍死 逮捕された両親の不可解な言い分

印刷

   大阪・寝屋川市の自宅に作られた小屋の中に監禁された状態で33歳の女性が亡くなっていた。凍死だったという。

   一体なぜ女性が自宅で悲惨な死に方を迎えなければならなかったのか。大阪府警が16年間も長女を監禁していた父親の柿元泰孝容疑者(55)と母親の由加里容疑者(53)を死体遺棄の容疑で逮捕した。

   その不可解な監禁のありさまを阿部祐二リポーターが取材し伝えた。

   亡くなったのは柿元愛里さん。父親の泰孝容疑者が今月(2017年12月)18日午前8時半ごろ死亡しているのを確認したという。しかし泰孝、由加里容疑者が県警に自首してきたのは5日も経った23日だった。

   その理由を由加里容疑者は「119番通報したら娘が自分のもとから離れるので寂しいと思い」通報しなかったと話している。ところが、これが人の子の親かと絶句したくなる監禁状態だった。

   県警に調べによると、愛里さんは、部屋の中にさらにプレハブで作られた2畳ほどの広さの小屋の中で凍死していた。

   小屋の中には、簡易トイレと布団、「暴れるので様子を見るため」という監視カメラ、それに小屋の外側に飲料水の入ったタンクからいつでも水が飲めるようにチューブが通されていた。それだけで暖房設備はなかった。

   由加里容疑者の供述によると、「16~17歳ごろから精神疾患で暴れるようになったので小屋を作り監禁するようになった。最近は1日1回しか食事を与えていなかった」という。

体重19キロまで激ヤセ

tv_20171227152648.jpg

   亡くなった時の愛里さんの身長は145センチ、体重はわずか19キロで、6歳の女児の平均体重(21.0キロ)以下、栄養失調の状態だった。しかも亡くなった18日朝の寝屋川市の最低気温はマイナス2.7度だった。

   阿部リポーターがこの家に行ったところ、家自体が廃屋のような状態で外側に高さ2メートルほどの茶色に塗られたトタン塀に囲われていた。また確認しただけで監視カメラが8台もあったという。

   近隣住民の話では「近くにいながら、付き合いもなく見かけたことも全くないんですよ」「20年ぐらい前に奥さんとあいさつしたこともありますが、それから全然ないんですよ。住んでいるような気配がなかった」という。

コメンテーターの松田丈志(競泳元日本代表)「精神疾患がどのくらいかわからないが、女性が16年間もこの狭い部屋で終わってしまったことを考えるとすごく悲しい気持ちになる」。

   大沢あかね(タレント)「これは人間のやることではないですね。私は虐待だと思う」。このほかスタジオでは「未必の故意による殺人だ」(評論家の宮崎哲弥)という声すら上がった。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中