2018年 7月 19日 (木)

旅客機内の急病人が引き返すのを拒否 中国国際航空機であったハプニング

印刷

   離陸した旅客機内で急病人が出たらどうするか。「普通は空港に引き返しますよね。ところが、その急病人が激怒しました」と司会の小倉智昭が、中国国際航空機であったハプニングを伝えた。

   20日(2017年12月)の北京発成都行き。離陸して20分後、女性客が気を失った。目撃した男性客によると「医療関係者はいませんかのアナウンスが流れたら、女性が意識を取り戻して、引き返さないでと騒ぎだした」という。

   女性客は「何があっても自分が責任を持つ」と言い張り、動き出すのを「やめてください」と制止する客室乗務員に「いやだってば。つかまないで」と食ってかかった。成都にいる親族が亡くなったために急いでいるという。

結局3時間半遅れで到着

   いくら本人が騒いでからといって、引き返すのをやめるわけもない。旅客機は北京に戻ったが、女性客は空港で2時間も飛行機からおりずにむくれ続けた。成都へは結局、定刻の3時間半遅れで到着したそうだ。

tv_20171228121338.jpg

   小倉「女性は大丈夫だったの?」

   内野泰輔アナ「何の病気だったのか、わかりません」

   中国のハプニングはいつも常識外だ。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中