2020年 12月 1日 (火)

<アメトーク>(テレビ朝日系)
ちくわだけで1時間!こんなくだらんテレビを見たのは久しぶりで、大笑い

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

   3月8日の放送は、「ちくわ大好き芸人」。今まで「油揚げ」「梨」「ポテトサラダ」「大根」など、それで1時間やるの!?と物議を醸してきた食べ物シリーズの久々の最新作。ゲストは博多華丸、ケンドーコバヤシ、V6長野博、アンジャッシュ渡部、オアシズ大久保、ロッチ中岡、ガンバレルーヤよしこの豪華7人と、聞き手役で番宣もなしに来てくれた相武紗季。華丸曰く、ちくわの地位向上を目指す。ケンコバは「あるあるだけで2万個ある!」と豪語するが、すぐに蛍原から「そう言う時に限って一巡もしない!」と猛ツッコミされてしまう。

昔はちくわを「かまぼこ」と呼んだが、新しく出来た「かまぼこ」に名前をとられた?

   まずは、ちくわの基本情報から。主に「ちくわ」と「焼ちくわ」の2種類がある。前者の茶色い「ちくわ」は主食用で、スケソウダラが原料。どちらかというと西日本に多い。後者の"オフホワイト"色の「焼ちくわ」は、おでんや磯辺揚げなどに使われ、3~4種の魚のすり身を組み合わせており、東日本に多いらしい。また、ちくわの歴史の紹介では、平安時代は今のちくわを「かまぼこ」と呼んでいたが、その後新しく出来た今の「かまぼこ」に名前をとられたらしい。

   驚きの事実だが、ここでリーダーの華丸がよくわからない例えを言い出す。「今、若者のカリスマ、藤田ニコル。でも昔は(ニコルと言えば)C.W.ニコルでしょ?」と。メンバーも一瞬頭を抱えるが、アンジャッシュ渡部が「藤田ニコルちゃんがキャンプの番組始めるみたいなもんでしょ!?」とフォロー。ケンコバも「逆に、C.W.ニコルさんがファッションの番組やれますか!」と。バカバカしすぎる(笑)。

   続いて、ロッチ中岡が、「ちくわ」が入っている様々なランキングをプレゼン。まずは、ちくわと言ったらおでんということで、「おでんの好きな具材ランキング」。順位を予想する一同だが、上位に「さすがに大根がね」(ケンコバ)、「大根、たまご」(蛍原)、「厚揚げ!」(華丸)、「じゃあ4位だ」(ケンコバ)、「牛すじもある」(渡部)、「5位!」(ケンコバ)、「ちくわぶとかもある」(蛍原)、「6位じゃないっすか?」(ケンコバ)「餅巾着!」(渡部)、「じゃあ7位!」(ケンコバ)、「じゃがいもとかもねぇ」(蛍原)、「8位!」(ケンコバ)、「ロールキャベツもね」(華丸)、「9位かぁ」(ケンコバ)と予想も徐々に下がって蛍原に「全然アカンやん!!」とツッコまれる。そして結果は9位と、まさかの的中(笑)。おまけに実際のランキングでは8位の「ウインナー」に負ける始末。

   続いての「好きな練り物」ランキングでも、相武の「5位か6位」という予想が当たり、結果は6位。更にこちらも5位の「魚肉ソーセージ」に何故か負ける。「ウインナーなんて練り物に入れるなんておかしい(のに!)」と宮迫も爆笑。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中