2018年 6月 19日 (火)

広瀬すず「anone」失速したまま最終回!大丈夫か?来年NHK朝ドラヒロイン

印刷

   きのう21日(2018年)に放送された広瀬すず主演の日本テレビ系ドラマ「anone(アノネ)」(水曜よる10時)の最終話の視聴率は5・6%と前回より1・2%アップしたが、全話通した視聴率6・16%と極めて低調なまま終わった。

   いま最も人気の広瀬を起用してこの低視聴率に日テレはショックを受けているが、それ以上に不安を募らせているのはNHKの連続テレビ小説の関係者だ。広瀬は100作目となる来年(2019年)前半の「夏空‐なつぞら‐」のヒロインに決っている。北海道から上京してアニメ作家を目指すストーリーだが、NHKは昨年(2017年)秋に、99作目のヒロインを決める前に早々と広瀬の主演を発表した。100作目とはいえ、異例の発表だった。広瀬をなんとしても確保しておきたいということからなのだろうが、その広瀬が「anone」で言われるほど"数字"を持っていないことが明らかとなってしまった。NHKの中に「早まったか?」というムードが広がらないか・・・。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中