2018年 10月 21日 (日)

「西郷どん」が本編休止して特別編放送 吉之助と「殿」がスペシャル対談

印刷

   NHK大河ドラマ「西郷どん」(日曜夜8時)が本編を1回休み、特別編「~西郷どんと斉彬 密着120日~」を4月1日(2018年)の同時間帯に放送することがわかった。NHKが3月25日に発表した。

特別編は大河ドラマ史上初の試み

   ドラマ終了後の「総集編」は別として、特別編の放送は大河ドラマ史上初の試みだ。3月25日に第12回を放送、4月1日に特別編、第13回は4月8日に放送する。

   「~西郷どんと斉彬 密着120日~」では主人公・西郷隆盛(吉之助)役を務める鈴木亮平(34)とカリスマ藩主・島津斉彬を演じる渡辺謙(58)のスペシャル対談や舞台裏密着ドキュメントを伝える。

   渡辺は「撮影現場ではどうしても目線の位置が上と下で違っていますが、対談では、話す目線の高さが一緒なので、不思議な感じがしました。楽しかったです」とコメント。鈴木も「本当はもっと話したいことがいっぱいありましたが、すてきな時間でした。撮影中はどうしても『殿』として見ていますし、緊張してしまいますので、撮影が全部終わってから、もう一度謙さんと対談したいです」と語った。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中