呪われているフジテレビ!報道キャスターはパワハラや不倫、視聴率は低迷・・・お祓いしてもらったら

印刷

   加計学園の獣医学部新設計画をめぐり、愛媛県と同県今治市の職員や学園幹部が、柳瀬唯夫首相秘書官(当時)と面会した際、柳瀬氏が「本件は首相案件」と発言したと記載された文書が、農水省でも見つかった。来週、柳瀬氏を国会に呼んで話を聞くことになるようだが、また「記憶にない」を繰り返すつもりだろうか。

   週刊新潮が報じた財務省の福田淳一事務次官がセクハラ発言を繰り返したことについて聞かれた麻生太郎財務相は、「事実だとするなら、それはセクハラという意味ではアウトだ」と答えたというが、福田氏の処分はしないようだ。週刊新潮は女性の発言部分を消した「音源」を、デイリー新潮で流したらどうか。それでもこの品性下劣な男を処分しないと、麻生はいえるのだろうか。

   当然ながら、セクハラは財務省だけではない。週刊文春が、フジテレビが社運をかけて始めた報道番組「プライム」の中でも、旗艦番組と位置付けられる「イブニング」ニュースのメインキャスター反町理(53)に、社内外の女性を巡るパワハラ疑惑が浮上し、社内で極秘調査が行われていると報じている。

   反町キャスターは官邸キャップや政治部長など政治部が長い。現在30代のA子は官邸キャップだった時代に反町に狙われたという。休日にドライブデートに誘われ、断れずについていくと、夜景の見えるバーに誘われた。それを断ると、政治部記者で共有するメモが彼女にだけ届かない、一斉メールで「A子は全然政治がわかっていない」と罵倒された。

   2人目のB子も政治部で似たようなパワハラの被害に遭っていたそうだ。週刊文春は2人に話を聞いた。A子は「ご協力できることがあればよいのですが、さすがに私もまだ社員なので」、B子は「私は立場上話せないです。だけど記事が出るんだったら頑張ってください、と思います。正直」

   それ以外にも、約6年前に番組スタッフのC子の彼氏がフジテレビの正面玄関で、「反町出て来い!」と大声を出し、警官が出動する騒ぎがあったそうだ。

   BSフジの「プライムニュース」のメインキャスターに就任した松山俊行(49)の元愛人が、彼が結婚しているのを隠して私と付き合っていたと告白している。

   フジテレビは呪われているとしか思えない。視聴率は低迷する、キャスターたちにスキャンダルが続出する。早くお祓いでもしてもらったほうがいいのでは。

ジャニーズ事務所てんてこ舞い!二宮和也は同棲相手とツーショット、関ジャニ・渋谷すばる脱退

   浅田舞(29)といえば、浅田真央の姉貴で、妹と違ってなかなかの発展家であるようだ。今回、週刊文春が報じたのは、森進一・昌子の間に生まれたロック界の大スターTaka(29)との深夜個室スパ&お泊りだ。

   舞には結婚したいという思いはあるようだが、Takaのほうは「結婚できるんだったら、とっくにしてます」とインスタの動画でいっているそうだから、この恋、成就とはいかないようだ。

   「嵐」の二宮和也(34)とフリーアナの伊藤綾子(37)の外出デートを女性セブンが撮影することに成功した。伊藤アナの知人によると、この2人、「超高級マンションでほとんど同棲生活なんですよ」という。こちらも長すぎた春にならなければいいが。

   フライデーが、野村克也元監督の息子でヤクルトの二軍コーチの野村克則(44)が、こともあろうに日本テレビのディレクターで、巨人担当の20代後半の女性と不倫関係にあると報じている。私も出席したが、克則は2001年に有紀子と豪華な結婚式を挙げている。彼女は姑のサッチーこと野村沙知代と仲が良く、「日本一勇気のある嫁」といわれたこともある。

   2人は夕食を取って、そのあとシティホテルに入った。フライデーの直撃に、ノラリクラリとかわした克則だが、父親は何といったのか。「彼は彼の人生、楽しんだらいいんじゃない」。それで、記者が帰ろうとすると、「俺、独身だけど、誰か紹介してくれ」と宣ったそうだ。やはりこの父親、タダものではない。

   フライデーのトップは「関ジャニ∞」の人気者、渋谷すばるが脱退するというスクープ。何でも、ボーカリストとして独り立ちしたいというのだ。「嵐」に次ぐ人気グループだけに、もし脱退されたらと、ジャニーズ事務所は大騒ぎだそうだ。こちらもSMAP解散以後、ツキが落ちてきているようである。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中