2018年 11月 22日 (木)

新潟市小2女児殺害事件 逮捕された小林容疑者は「大桃珠生さんとよく遊んでいた」

印刷

   新潟市西区の小学2年生、大桃珠生さん(7つ)が殺害された事件で、きのう14日(2018年5月)、近くに住む会社員・小林遼(はるか)容疑者(23)が死体遺棄と損壊の容疑で逮捕された。小林容疑者は「首を絞めた」など殺害をほのめかす供述をしているという。

   大桃珠生さんの自宅からわずか100メートルの距離に住んでいた小林容疑者。珠生さんとは面識があったのか?

こういう事件は自宅のすぐ近くで起こることが多い

tv_20180515105151.jpg

   小林容疑者は「面識はない」と話しているというが、高校時代の同級生は「家が近くて、小さいころからよく遊んでいたと聞いた」と話している。

   近所からは「優しいし、礼儀正しい」「回覧板持ってきてくれるなど、感じのいい子」と評判だった小林容疑者。

   中学時代の同級生は「本当におとなしくて静かだった。問題を起こす感じではなかった」と驚きを隠さない。そして、当時を振り返り、「保育園に職業体験で行ったとき、ちっちゃい子からもすごく好かれていた。子どもが嫌いではないのかな(と思った)」と話した。

   羽鳥慎一「連行される途中に笑うような素振りを見せて、気味が悪いところもありましたが、ぱっと見普通で仕事もしています」

   菅野朋子(弁護士)「こういう事件は、どうやって防止すればいいのか本当に難しい。登下校は途中までは見守りなどあるけど、その後はひとりになる。家のすぐ近くでよく起こる」

   青木理(ジャーナリスト)「僕はこの辺に住んでいたことがあるのですが、住宅街で人里離れた寂しいところではないんです。近所の人がやろうと思ったら防ぎようがない」

文   ピノコ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中