2019年 2月 22日 (金)

京都お馴染み土産「八ツ橋」老舗店同士で裁判!「創業年で嘘つくな」

印刷

   京都の定番土産である八ツ橋の由来や創業年をめぐって、業界大手の老舗同士が裁判で争う事態となっている。訴えを起こしたのは井筒八ツ橋本舗で、「うその創業年表記によって損害を受けた」として、聖護院八ツ橋総本店に対して表記差し止めと損害賠償600万円の支払いを求めている。

   おととい4日(2018年6月)、会見した井筒八ツ橋本舗のオーナー津田佐兵衛さん(94)は「うそは泥棒のはじまり。大変な迷惑を被ります」と怒りをあらわにした。

江戸期「文化二年」と「元禄二年」の争い

tv_20180606143801.jpg

   井筒八ツ橋本舗側が問題としているのは、聖護院八ツ橋総本店の創業年だ。井筒八ツ橋本舗ののれんには「文化二年」(1805年)、聖護院八ツ橋総本店ののれんには「元禄二年」(1689年)とある。つまり、聖護院八ツ橋総本店の方が古いのだが、「1689年に創業されたという具体的な証拠はない。間接的な誤認を生じさせる」と井筒八ツ橋本舗側の弁護士は言う。

   焼き八ツ橋の起源をめぐっては、「江戸時代の琴の名手をしのんで琴の形に作られた」とか、「川で亡くなった子どもの供養に8つの橋を架けたことを広めるため」など諸説あり、発祥は不明とされている。

   同志社女子大学の天野太郎教授も「創業年は公的な資料に載っていないことが多く、証明は難しい」と話す。

古い店の商品買いたがる外国人観光客

   いずれも以前からあった表記なのに、なぜ今になって訴えたのか。訴状によると、聖護院八ツ橋総本店は約10年前から「since 1689」という表記を急に始めたといい、根拠のない情報が外国人観光客を通じて世界に拡散されてしまうという危機感や、オーナーが高齢になったことから、訴えを起こしたのだという。

   京都の街の声は「おいしかったらいい。そこまで気にしなくていい」「どっちでもいい」と創業年には無頓着だったが、外国人観光客に両方のパッケージを見せると、「こちらの方が古くて歴史的」と聖護院八ツ橋総本店を選ぶ人がほとんどだった。

   聖護院八ツ橋総本店は「驚いています。なるべく穏便に済ませたいとは思っています」とコメントしている。

   司会の真矢ミキ「せっかくだから楽しくいただきたいですよね。味で争ってもらいたいですね」

文   キャンディ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中