2019年 1月 18日 (金)

池江璃花子もあやかれるか?アジア大会MVPにある共通点

印刷

   ジャカルタ・アジア大会で競泳6冠の池江璃花子選手がMVPに選出された。すでに帰国していた池江選手は、大好きな東京ディズニーランドに向かう途中の電車の中で知らせを聞いた。急いでジャカルタに戻り、表彰を受けた。賞金の約550万円は焼肉やすしなど、美味しいものに使う予定という。

オリンピックで金メダル

tv_20180903132041.jpg

   MVPは2002年は日本の北島康介選手、06年は韓国の朴泰桓選手、10年は中国の林丹選手、14年は日本の萩野公介選手が選ばれているが、ある共通点がるという。いずれもその後にオリンピックで金メダルを獲得しているのだ。

   橋本五郎(読売新聞特別編集委員)「活躍できると思う人はその通りの実力を発揮しているし、『あれ?』と思う選手も、また実力を発揮している。2020年効果というか、『オリンピックに向けて』というのが大きな力になっていますよね」

文   ピノコ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中