2020年 10月 24日 (土)

<プーと大人になった僕>
心も年とってしまった僕に会いに来たのは・・・十数年前のプ―だった!毎日が息苦しくなっている人におすすめ

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   「僕が一番好きなことは、何にもしないこと。何にもしないことは、最高の何かにつながっているんだ」

   ちょっと疲れた日にこんなセリフを聞いたら、涙腺崩壊間違いなし。

   幼年期を100エーカーの森にほど近い田舎の別荘で過ごした僕クリストファー・ロビンも、寄宿学校を経て社会人となり幾余年。忙しい日々の中で、うれしいことも悲しいこともそれなりにあった。若くして母を失ったときは悲しみにくれたし、偶然同じバスに乗り合わせた女性と恋に落ちたときは運命だと舞い上がった。そして手に入れた愛する妻と娘を守るため、きょうもクリストファー・ロビンは仕事に向かう。

リストラの憎まれ役押し付けられたクリストファー・ロビン元少年

   クリストファー・ロビンが所属する鞄屋は同族企業の不採算部門で、常にコストカットの圧力にさらされている。ウキウキわくわくとは程遠いビジネス環境ではあるが、戦禍をくぐり抜けてやっと得た職には愛着もあるし、一緒にやってきた製造部門の工員たちは、みな仲間だ。

   だが、本社からやってきたオーナー一族の御曹司は、そんな経緯など知る由もない。お荷物部門を押し付けられたとしか思っていない御曹司は、人を切るか、調達・製造の工程で抜本的な経費削減をするか、休日返上で考えろとクリストファー・ロビンに迫り、自分はバカンスとしゃれこんでしまう。

   追い込まれた状況なのに、急な休日出勤に娘と妻は不満たらたら。誰のために稼いでると思ってんだと、クリストファー・ロビンはプッツン寸前である。「何にもしない」ことが大好きだった少年の荒み具合に、見ているこっちも心が痛い。

   そんな窮地にプーが現れたら・・・。森の仲間たちを探すのを手伝ってほしいプーだったが、リストファー・ロビンはとにかく目の前の仕事に取り組みたい。嫌味も不機嫌も通じないプーに手を焼いたクリストファー・ロビンは、しぶしぶ100エーカーの森へ、旧友を送り返しに行くことにした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中