2018年 12月 15日 (土)

ジャーナリスト渡辺真由子、自著の「無断転載」で謝罪も...「意図は一切ございません」

印刷

   ジャーナリストの渡辺真由子が28日(2018年11月)にブログを更新、著書『「創作子どもポルノ」と子どもの人権』(勁草書房)に論文の無断転載があり、絶版・回収となった問題について謝罪した。

   渡辺は、

「当方と致しましては、無断転載の意図は一切ございません」

としつつも、

「結果的にこのような形で出版がなされたことにつきまして、慚愧に堪えない思いです。著作権者様側には直ちに謝罪させて頂きました。関係各位にもお詫び申し上げます」

と、陳謝した。「本件には引き続き、誠実かつ真摯に対応させて頂く所存です」と今後についても触れている。

   出版元の勁草書房は同日ウェブサイトを更新し、無断転載の事実を発表しており、お詫びとともに、原因として「明らかに編集過程で原典の確認を怠ったミス」で発生したこと、購入者には書籍回収のうえ返金対応することを伝えていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中