2019年 10月 21日 (月)

「正則学園高校」先生たち早朝ストライキ!理事長室のヘンな『儀式』やめてください

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「ショーアップ!」コーナーで、東京の私立「正則学園高校」の先生ら約20人が、8日(2019年1月)から続けているストライキを取り上げた。ストライキは早朝から授業が始まる午前8時まで、生徒へ支障は出ていない。

   先生らが訴えているのは、毎日午前6時半に出勤し、理事長室に行って塩澤一彦理事長兼学園長に一人一人が「おはようございます」と挨拶し、そのあと神棚を拝むという『儀式』の廃止だ。この儀式がなければ、授業の準備など生徒と向き合う時間ができると主張している。

   塩澤理事長は「私が朝早いからみなさんが早いだけで、強制はありません」とぶっきらぼうに話したが、実際は儀式に遅刻したために「部活の顧問を外す」など脅しを受けた先生がいるという。

拘束は1日14時間、タイムカードも勝手に刻印

tv_20190111153356.jpg

   先生らはさらに、1日14時間以上の長時間労働、先生のタイムカードを職員が勝手に打刻したり、一方的にボーナスを減額するなど無茶苦茶な実態にも抗議している。

   作家の吉永みち子「何のために、朝早く行って神棚を拝まなければならないのですかね。これだけで朝早く出勤するのは、働き方改革に逆行するような話だなと思いますよ」

   学校側に問題解決に向けた動きは見られずストライキはしばらく続きそうだ。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中