2019年 5月 27日 (月)

教師の暴力動画がSNSで拡散、実は札付きのワル生徒どもが仕組んでいた?

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   東京都町田市の都立高校の教師(50代)が、生徒を殴る動画が、15日(2019年1月)ツイッターで流れた。教師は謝罪したが、その後映像を解析すると、ただの暴力ではなさそうなことがわかってきた。今時の高校生は何を考えているんだか。

   「なんだてめえ、この野郎。ふざけんじゃねえよ」と教師が殴ると、生徒は倒れた。教師はさらに生徒の襟首を掴む。「誰に言ってんだ、おめえはよ」。そこへ、みんなが駆けつけて止めに入った。と、はじめ映像は20秒。学校も午後には把握してマスコミでも取り上げられた。

「ツイッターで炎上させようぜ」と挑発

tv_20190121132631.jpg

   だが、その後1分15秒のものが流れると様相が違ってきた。長尺の動画には、「ツイッターで炎上させようぜ」というささやきから始まっていた。そして、廊下に出てきた2人のやりとり。

   生徒「出てけって、何様だよ」

   教師「何が言いたいの。どうしたいの」

   生徒「病気と一緒だろ」

   教師「一緒じゃない」

   生徒「ふざけてんだろ、おら」「うるせえんだよ。どう落とし前つけんだよ」

   教師「なんだよ、落とし前って」

   生徒「これだけ言われて、俺がそのうちきれるとは思わないの? バカじゃないの?」

   教師「はあ?」

   生徒「考えろよ。その小さい脳みそでよく考えろ」(ここで撮影者の笑い声)

   教師「病気じゃねえよ」

   生徒「病気って言ってんだろ、てめえはよ」

   ここで教師が殴って「なんだ、てめえ、この野郎」となる。生徒が教師を挑発していることが明白だった。

 
文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中