2019年 7月 22日 (月)

最年少プロ囲碁棋士・仲邑菫さん、韓国最強・崔精九段と対局!有利な先手でハンディあり

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   4月(2019年)に史上最年少のプロ囲碁棋士になる仲邑菫さん(9歳)はきょう23日(2019年1月)、韓国で「世界最強」の女性棋士の崔精(チェ・ジョン)九段(22歳)と特別対局を行う。7歳から囲碁の強豪国、韓国で修行してきた仲邑さんは、韓国でも注目されていて、前日の会見では韓国語であいさつした。

   対局は午後2時からで、囲碁で有利とされる先手を仲邑さんが取るほか、ハンディもあるルールという。

期待を込めて勝つ確率25%

tv_20190123120149.jpg

   野上慎平アナ「さあ、勝てますかね」

   宇賀なつみキャスター「(相手は)世界一ですからねえ」

   プロ棋士の後藤俊午さんは、仲邑さんが勝つ確率を「期待をこめて25%」と予想する。

   司会の羽鳥慎一「ゼロじゃないんだ。スゴいな。普通に考えたらゼロでしょう」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中