2020年 10月 24日 (土)

「フェイク広告」に騙されるな!芸能人の画像加工してウソのダイエット体験談

送料無料/乳酸菌ごぼう茶

   タレントの画像を無断で加工・使用して架空の体験談などをでっち上げて商品を宣伝する「フェイク広告」が、インスタグラムやフェイスブックなどに横行している。こうした広告を信用して月額6980円でダイエットサプリを購入した東北地方の大学生は、「効果が見られないので解約したいと伝えたかったのに、電話に出てくれなくて困っています」と訴えた。

   この広告主であるメーカーの社長は20代の大学生で、「広告は30社ほどの仲介業者に依頼しており、その中身には関わっていない。僕らメーカーとしては、だれがどんな記事を書いているか追い切れません」と説明した。その仲介業者のうちの1社の社長は「フェイク広告が紛れ込んでいたのは事実」と言うが、なくすのは難しいと話す。

   「フェイク広告を作ったのは契約している広告制作者。彼らは周りもやっているからと、売り上げが上がる芸能人を使ったフェイク広告を軽い気持ちで作っている。フェイク広告はなくしたいが、チェックが行き届かない」

   フェイク広告制作者は地方の小さなウェブ広告業者で、「クローズアップ現代+」の取材を拒否した。

インチキでも商品買わせれば成果報酬

   インスタグラムを運営するフェイスブック・ジャパンの担当役員は、「すべての広告は掲載前にAIと人の目を使って審査している」と話したが、フェイク広告はその審査をすり抜けているようだ。

   取材をしたNHKネットワーク報道部の田辺幹夫記者は、「インスタはユーザー数3000万人の大きなメディアなので、日々大量の広告が出されます。AIや人の目を通しても、チェックは完璧ではありません」と話す。「広告主や仲介業者も、まずい広告が出ていることは把握していますが、人手が少なく、チェックする責任を果たせてないんです」

   こうしたフェイク広告は、SNSだけではなく、地方紙のウェブサイト記事にも紛れ込んでいた。

   フェイク広告が横行している背景には、広告記事を見て商品が購入されると、広告記事制作者に成果報酬が支払われるアフィリエイトという仕組みがあるからだ。広告記事の書き方を教えるセミナーも開催され、主婦、学生、副業目的の社会人で大盛況だという。

   田辺記者「より多くの報酬を得ようとして、フェイク広告を掲載する場合が出てくるという証言もありました」

文   バルバス
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中