2019年 7月 24日 (水)

「桜田五輪相」政治家失格明らかだけど・・・大ごとになって池江璃花子が恐縮する心配

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   競泳の池江璃花子選手が白血病の治療に専念することについて、「(東京オリンピックの)盛り上がりが下火にならないか」「がっかりした」と発言した桜田義孝五輪担当大臣は、13日(2019年2月)の衆院予算委員会で、発言を撤回して謝罪したが、答弁をメモした紙には、手書きで赤く「お詫びして」と書き足されていた。

「五輪憲章」話は聞いているけど、読んだことない

tv_20190214144639.jpg

   オソマツ答弁はこれで終わらず、野党から「五輪憲章を読んだか」と聞かれても、「話は聞いているが、自分では読んでいない」と平然としたものだった。

   司会の羽鳥慎一「桜田氏は去年(2018年)10月に大臣になりましたが、(五輪憲章を)読んでいないというのはどうなのでしょうか」

   高木美保(タレント)「反省はなく、丸投げですよ。政治家としての適性がどうなのかといわれてもしかたありません。あまりにひどい」

   玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「資質とかの問題ではないですよね。政治家は意見交換して、国の行き先を決める仕事ですが、言葉がわかっていない人が、大臣だけでなく、政治家を続けていいのでしょうか」

   桜田氏は野党の辞任要求していて、桜田氏の大臣失格も明らかだが、大ごとになって、病身の池江が自分のことでと、かえって恐縮したりしないか。そっちが心配だ。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中